インプラント治療でトラブルにならないために知っておくべきこと

正しい情報を事前に入手しよう

デメリットも理解しよう

丈夫で、見た目が普通の歯とそっくりという部分がインプラントの特長です。
失った歯を治療する時に、インプラントにしたいと考えている人が多いでしょう。
しかし、安易に選択するのは間違いです。
まずはインプラントについて深く知り、本当に治療を受けるのか判断することがトラブルを引き起こさないために重要なことです。
特にインプラントは保険の適用がなく、高額な費用が発生します。
どのくらいの費用になるのか、医師に見積もりを聞くのがおすすめです。

またインプラントの知識を豊富に持っていることや、何回もインプラントの治療に携わってきた歯科医師を選択しましょう。
経験が浅い歯科医師だとこちらの質問に答えられなかったり、治療中にトラブルが起こったりしてしまいます。
特に、料金に気を付けてください。
相場よりも極端に料金が安い歯医者は、正しい治療を行っていないことが考えられます。
費用の安さに釣られず、理由を尋ねましょう。

インプラントの治療を始める前に、問診や血液検査、レントゲン撮影など様々な検査を行います。
そして身体に異常がないことがわかってから、治療に入ります。
この検査をしっかり行っていることを条件に、歯医者を探しましょう。
また問診の時に気になっていることや不安なこと、さらにアレルギーの有無や普段から飲んでいる薬など、自分の情報を伝えなければいけません。
歯科医師との意思疎通ができていないと、トラブルが起こる原因にもなります。

インプラント治療にする際の注意点

メリットばかり注目されやすいですが、インプラントにはデメリットがあることを理解しましょう。 特に費用が高額という部分が、大きなデメリットになります。 事前に資金を確保したり、医師に見積もりを聞いたりして、自分がインプラント治療を選択できるのか考えてみてください。

優秀な歯科医師を探そう

安心してインプラント治療を任せられるよう、実績を持つ医師がいることを条件に歯医者を探してください。 きちんと歯医者のホームページを見て、必要であれば口コミなども使いながら情報収集を行いましょう。 また、極端に安すぎる歯医者は怪しいので避けることをおすすめします。

自分がインプラントを受けられるのか

持病がある人は、インプラント治療ができない可能性があります。 そこでインプラントをしても大丈夫なのか判断するために問診をしたり、様々な検査を行ったりします。 この工程を省かないことも、良い歯医者の条件です。 問診を受ける時は、自分の情報を医師に伝えましょう。